GoogleタグマネージャーにGoogleアナリティクスを設定しよう

Googleタグマネージャーを触ってみよう!の第3回目となります。

前回、WebサイトにGoogleタグマネージャーを設置するところまで終わりました。

これにより、何か新しいタグを設置したいときに、Webサイトに直接埋め込む必要はなくなりました。新しく設置したいタグとGoogleタグマネージャーの紐づけの設定をするだけでOKです。

では今回は、一番よく使われるGoogleアナリティクスをGoogleタグマネージャーに設定するやり方を紹介します。

設定作業の流れは以下の3ステップです。

  • GoogleアナリティクスのトラッキングIDを取得する
  • GoogleタグマネージャーにGoogleアナリティクスのタグを作成する
  • Googleアナリティクスのタグが正常に稼働しているか確認し公開する

Googleタグマネージャーの「タグ」「トリガー」「変数」といったよくわからない用語はわからないままで大丈夫です!

目的はGoogleタグマネージャーで複数のタグを一括管理することですので。

では、早速設定してみましょう!

(1)GoogleアナリティクスのトラッキングIDを取得する

Googelアナリティクスにログインし、メニューの管理をクリックします。



トラッキング情報から「トラッキングコード」をクリックします。



すると、トラッキングIDが表示されますので、こちらを取得します。

(2)Googleタグマネージャーにログインする

Googleタグマネージャーに慣れるコツは、やりたいこと(目的)を明確にして、それを実現するための設定を一つひとつクリアしていくことです。

少し面倒ですが、画像を見ながら作業すれば設定できますので、焦らずやっていきましょう。

2-1 Googleタグマネージャーにログイン

Googleタグマネージャーにログインし、対象のコンテナをクリックします。

2-2 Googleアナリティクスの設定を行う

左メニューから「変数」をクリックし画面が遷移したら、ユーザー定義変数の「新規」ボタンを押下します。



「変数の設定」の枠内をクリックすると「変数タイプを選択」が表示されるので、「ユーティリティ」の配下にある「Googleアナリティクス設定」を選択します。



変数の名称を任意に設定できますので「GoogleアナリティクスのトラッキングID」と入力し、「トラッキングID」には先ほど取得したGoogleアナリティクスのトラッキングIDを入力し、保存ボタンを押下します。



ワークスペースの左メニューから「タグ」をクリックし、「新しいタグを追加」をクリックします。



「タグの設定」の枠内をクリックすると「タグタイプを選択」が表示されるので、「Googleアナリティクス:ユニバーサルアナリティクス」を選択します。



「Googleアナリティクス設定」のプルダウンメニューから、先ほど設定した変数名「GoogleアナリティクスのトラッキングID」を選択します。



次に、その下にある「トリガー」の枠内をクリックして、「All Pages」を選択します。



「タグ」の名称を任意に設定できますので「Googleアナリティクス」と入力して、「保存」ボタンを押下します。これで設定は完了です。

(3)Googleアナリティクスのタグが正常に稼働しているか確認し公開する

Googleタグマネージャーの設定まで終わりましたが、まだGoogleアナリティクスの計測は開始されていません。

公開の前に、設定が正しくできているか事前にプレビュー機能を用いて確認したあと、公開するという手順で進めていきます。

3-1 プレビューで確認を行う

ワークスペースの上部メニューにある「プレビュー」ボタンを押下すると、プレビューモードに変わります。



プレビュー状態のまま、ブラウザで対象サイトのページを開きます。ブラウザの下部に「Tag Manager」の枠が表示され、その中に先ほど設定した「Googleアナリティクス」が発火していれば動作していることになります。

3-2 公開設定する

プレビューモードで正常に動作していることを確認したら、いよいよ公開です。ワークスペースの上部メニューにある「公開」ボタンを押下します。

「バージョン名」に任意入力です。分かりやすい名称を入力し、最後に「公開」ボタンを押下します。

以上で、Googleタグマネージャーを触ってみようの第3回目を終了します。

分かりやすいかと思い、画像を多めに使ってみました。結果、長くなってしまいましたが、この手順に従って一つひとつ設定していけばOKですので、ぜひトライしてみてください。

今回もお疲れさまでした!