Googleタグマネージャーを設定しよう

Googleタグマネージャーって何なのよのコーナー第2回目です!

今回は、「GoogleタグマネージャーをWebサイトに設定する手順」をご紹介します。インストール自体、それほど難しくないのでご安心を。

手順はカンタン3ステップです。

  1. Googleタグマネージャーのアカウントを作成
  2. サイトに埋め込むタグを取得しサイトに埋め込む
  3. 正しく設定されているか確認

(1)Googleタグマネージャーのアカウントを作成する

さっそくGoogleタグマネージャーのサイトに訪問しましょう!「アカウント作成」ボタンを押します。



次に、アカウントの設定とコンテナの設定を行います。


赤枠の入力項目は以下の通りです。

アカウント名 「会社・組織名」※任意に設定可
「日本」
コンテナ名 「サイト名/URL記述等」※任意に設定可能
ターゲットプラットフォーム 「ウェブ」を選択

入力できたら「作成」ボタンを押してアカウント作成は完了です!

(2)タグを取得しサイトに埋め込む

Googleタグマネージャーの管理画面にログインすると上部のメニューに個別のIDが表示されます。IDがリンクになっていますのでクリックしましょう。



クリックすると、下図のようにコードが表示されます。このコードをコピーして、Webサイトのすべてのページに貼りつけます(※2つとも)。

掲載位置を間違えないように気をつけましょう!

(3)正しく設定されているか確認

Googleタグマネージャーには「プレビュー」機能があり、コードが正しく設置されているかを確認することできます。そのやり方を押さえておきましょう。

上部のメニューにある「プレビュー」ボタンをクリックします。



オレンジ背景のプレビューモードが目印です。この状態のまま、このブラウザ上で該当ページのURLを表示しましょう。



ブラウザの下の方にTag Managerの枠が出てくればうまく行っています。

今後もこのプレビュー機能はちょくちょく使います。今はこんな機能あるんだ~っていう感じでOKです。

それでは今回はこの辺で。

第2回目、Googleタグマネージャーのアカウント開設と設置についてご紹介しましたー。お疲れさまでした!